ペット葬儀の種類と小動物の付き合い方

ペット葬儀の種類

ペット葬儀における火葬の方法は複数種類存在します。オーソドックスなものとしては人と同じように行う立会火葬があります。また、忙しい場合は業者に一任する一任火葬や、他家のペットと一緒に火葬を行う合同火葬があります。合同火葬の場合返骨は出来ませんが、一任火葬の場合は返骨が可能です。中には斎場で火葬するのではなく、移動火葬車に訪問してもらい、自宅及び自宅付近で火葬を行う訪問火葬というものもあります。

小動物の寿命は短い

小動物の寿命が短いといわれている理由

なぜ小動物はヒトより早く死んでしまうのでしょうか?
結論からいえば、サイズが違うからです。生き物の心拍数(心臓の鼓動の回数)というのは実はある程度回数が決まっており、人やハムスター、象などの心臓は一生の間に約15億回動くといわれています。しかし、小さい動物であればあるほど心臓の鼓動は早くなり、大きければ大きいほど遅くなります。例として象とハムスターを比較した場合、1分間の心拍数はハムスターが約500回であるのに対し、象は約40回程度と10倍以上の違いがあります。そのため、サイズの小さい動物は寿命が短いのです。

寿命を縮めないように接してあげることが大切

ペット葬儀

上記したように、小動物は心拍数が極めて早いです。それに加えて緊張したり驚いたりすると、心臓の鼓動はさらに早くなり、その分寿命が縮まります。よって、天寿を全うさせてあげたい場合は、寿命を縮めないように穏やかな環境で過ごせるように飼育しましょう。ストレスのない環境で飼育すれば、小動物の寿命は長くなります。そして、天寿を全うした小動物は、敬意を込めてペット葬儀を行い、手厚く葬ってあげましょう。

TOPボタン