ペット葬儀を行う斎場では小動物の供養も出来ます

小動物もペット葬儀を行うことが出来る

ペット葬儀は犬や猫だけが対象じゃない【小動物もしっかり供養】

インコ

ペット葬儀は犬や猫などの動物が主であり、ハムスターや小鳥などの小動物はペット葬儀を行っていないとお考えの人は多いです。しかし、それは誤りです。小動物も犬や猫と同じくペット葬儀を行っている場所に葬儀を依頼すれば人間と同じようにお経を唱えて供養も行いますし、火葬し、納骨も行ってくれます。基本的に、ペット供養はほぼすべての動物に対して行うため、大きな動物でも小動物でも変わりなく供養することが出来るのです。そのため、飼っているペットが死んだ場合はペット供養を行っている場所に電話し、供養及び火葬の依頼をしましょう。

小動物のペット葬儀は業者選びが大切

小動物のペット葬儀を行う上で重要なのは、葬儀を行う業者選びです。特にペットの火葬に関しては、小動物のペットを供養する場合きちんと業者を選んだほうが良いです。というのも、小動物の場合、火葬で骨を残すのが難しく、灰になったり骨の原型を留めなかったりすることも多いようです。しかし、業者によっては小動物の火葬でも骨をきれいに残せることが出来る業者もいます。そういった業者はホームページなどでも宣伝していることが多いため、サイトを確認し、小動物の火葬でもきちんと対応してくれるペット葬儀の業者を選びましょう。

そもそも小動物ってどんな動物?

小動物の定義を教えてください
実は結構あやふやです。獣医学の分野では犬や猫も小動物に含まれますし、不動産業では犬猫は含まれず、ハムスターや虫、熱帯魚などケージや水槽で飼育する動物のことをいいます。葬儀関連の場合、ペット葬儀の業者によって基準は異なりますが、重さが2kg未満の場合小動物と定義されることが多いです。例として、ハムスター、鳥類、小型種のうさぎなどが2kg未満の動物として該当します。また、小型犬や猫も場合によっては2kg未満であることもあります。

小動物のペット葬儀を行った人の口コミ

小動物でもしっかりと対応してくれるペット葬儀社に対する感動の声

ハムスターの葬儀をしてもらいました!(20歳/女性/動物病院勤務)

仕事柄ペットの死に直面することは多いのですが、自分の飼っているハムスターが死ぬとやはりショックは大きいですね。葬儀は信頼出来る業者さんに依頼しました。ハムスターのような小さな動物でもきちんと供養してくれるので少し救われたような気分になれます。きちんと骨壷に骨も納めてくれますし、お墓の手配もしてくれました。

ペット葬儀を行ってちゃんとお別れしました(21歳/男性/ペットショップ店員)

合同火葬に立ち会うことになりました。他の動物と一緒に焼くので返骨はありませんが、それ以外は人間の火葬とほぼ同じです。お坊さんがお経を唱えて供養し、遺骨は霊園にある合同慰霊塔に納められるそうです。たまに「葬儀はどちらが良いのか」という質問を受けることもあります。個人的意見になりますが合同でも個別でも特に変わりはないかなと思います。

TOPボタン